FC2ブログ

工房うるわ(URUWA)の石つれづれ

採集から加工販売まで行う管理人の石(鉱物)あれこれ
MENU

遠征から帰ってきました!②

中国・四国の遠征のあと
ほとんど休む暇もなく糸魚川に出かけました!

糸魚川はいつも1人でいくのですが
今回は鉱物の大先輩をご案内する形で
海、川、ミュージアム、お店など一通りまわりました。

翡翠探しにはあまり条件が良くなかったので
自分ではあまり良いものは見つかりませんでしたが
現地のお店等をまわって7キロくらいの翡翠を仕入れてきました。
IMG_0587.jpg
沢山買っても使える部分はわずかなんですがね・・・

翡翠は一般のお店には加工用のいいものはなかなか出てこないし
値段も上がってきています!

日本の宝である翡翠は特に大事に加工しなくてては・・・
あらためてそう思いました!

日本海の絶品の魚介類も楽しめて良かったです。
今回は同行者がいたのであまり無茶もしなかったので
色々楽しくいい思い出になりました!

おまけに帰り北アルプスがくっきりと見えて最高でした。
IMG_0572.jpg

さて、これからまた少しずつ新作を作りますので
お楽しみに!

スポンサーサイト



遠征から帰ってきました!①

先日、9日間に渡る中国・四国への探石の旅・・・
そしてその後出かけた糸魚川への3日間の旅から帰ってきました!

毎年参拝に行っている伊勢神宮からはじまった旅

三重→岡山→広島→愛媛→高知→岡山→鳥取→愛知→岐阜と
今まで行きたかった石の産地20カ所くらいを駆け足でまわりました。

詳細はまた後日報告できたらいいですが・・・

本当にかけがえのない素晴らしい旅になり
今後加工して作品にできそうな石も沢山見つけてきました!

ほとんど観光らしいことはできませんでしたが
半日くらいは景勝地であり昔の町並みも多く残る鞆の浦や仙酔島を歩きました。
仙酔島は仙人も酔うと書く通り
調和のとれた自然のエネルギーを感じる良い場所でした!

また道後温泉やラドン含有量日本一の三朝温泉の素晴らしいお湯につかるなど
いろんな温泉も満喫できました!

四国は山深く
かつて銅山で栄えた別子の赤石山系に登山をして
地球の深部でギュッと♡されてできたエクロジャイトや
始原的な岩石である橄欖岩に出会いました。
IMG_0459.jpg

苦労してたどり着いた赤石鉱山跡では
橄欖岩のなかに太いバンドとしてクロム鉱石が観察でき
正マグマ鉱床と言われるその様子は
まさにダイナミックな地球の深部を想像させるものでした!
またそのクロム鉱石に伴ってできた緑や紫の美しい鉱物は予想以上でした。

これらはまた翡翠と関連のある岩石であり
石について親しみと畏敬の念をさらに深める事が出来ました。

四国も中国地方も
何より水が美しく・・・
日本の素晴らしい自然にふれて心が洗われるようでした。
IMG_0513.jpg


高知で入った温泉で一休みしていたら
違うテーブルから神官の家の出だというおばあちゃんが
若い娘に向かって日本神話の話をしているのが聞こえてきました。

イザナギ・イザナミの命の話と淡路島
アマテラスとその弟スサノオの話と岩戸隠れ
ヤマトタケルの命と伊吹山
弟橘媛が自ら身を捧げた美しくも悲しい物語

日本を俯瞰するような旅をしていて
日本は各地の自然が神話とともにある不思議な国である事を
思い出させてくれる出来事でした。

改めて感じたのは・・・
大きな自然の前では
それを無視したり逆らったり
小賢しいことを考える人間の浅はかな考えなど無力だということです。

だけど人も自然の一部として正しい行いと考えをもって生きれば
自然は大きな力を貸してくれそうだという予感がしました。

作品づくりにおいても
最近は何か難しいことを考えすぎていたようだなと感じ・・・
ここで一度リセットしたほうがいいなと思いました。

撮影セット作りました!

こんばんは。

物置部屋を片付けて撮影専用の部屋をつくりました!

石の写真は太陽光が一番良いようで
色が鮮やかにでるし(特に青色)
光が踊るようなドラマチックな写真が撮れる事があります。

でも部屋にいい光が入る時間は限られているし
光の方向をうまくコントロールすることができません。
光を補おうと電球を使うと色温度があわなくて不具合が・・・

やはり室内で良い条件で撮影できたら良いのですが
本格的な器具を使ってスタジオをつくるとなると
べらぼうな金額がかかります。

アマゾンやホームセンターを走り回って
かなり安く撮影セットを作る事ができました!
P5030164.jpg
光源はLEDの昼光色で統一し
100w相当の電球を2つ天上につけてバックグラウンドの光とし
スタンドランプ3つほどを使って好みの光を演出します。

撮影ボックスは持っていたのですが
組み立てたり片付けたりも大変でした!

これで今までの撮影のストレスが減って撮影も楽しめそうです!

ローズクォーツ

こんにちは。

久しぶりに風邪をひいて
2日くらい寝込んでいました!

でも大体元気になったので
今度はフィールドに石探しに行きたくてうずうずしています!


さて横浜ではイヤリングなども販売したので
以前と変わってかなり女性よりの作品を見て驚かれた方もいましたね。

前にも書いたように当工房は当初、翡翠の大珠を中心に販売していく予定でした。
しかし勾玉も販売して欲しいというお客様がいらっしゃってつくるようになり・・・

販売を続けていると、買って下さるお客様はほとんどが女性なので
女性の意見をもっと聞いてみようということで美容室のお姉さんに相談したら
イヤリングが欲しいという事なのでつくってみたり・・・


いったいお前の信念やこだわりはどこにあるん?と言われそうですが・・・





さて横浜に来て頂いたお客様のなかに

「わたしローズクォーツが好きなんです。
 ここ青系の石が多いけど、ローズクォーツで何かつくってください!」

という方がいらっしゃいました。


でも・・・

「うちのカラーじゃねぇから、扱わんよ!」

とけんもほろろに追い返してやりましたよ。



と威勢の良い魚屋の親父みたいにはなれず・・・

頼まれるとなんとかしてあげたくなってしまう性格で・・
早速、横浜の帰りに原石を探してきました!


ローズクォーツと言えば
昔はブラジル産がかなり安く出回っていたように記憶していますが
今はマダガスカル産が主流のようです。

原石も良い部分はかなり高くなっている事は知っていましたので
なんとか、安く手に入らないだろうか?と思っていると

ふと、ちょっと割れたりとかして商品にならず
リメイクしてくれるのを待っている石たちがいるのではないか?
という考えが浮かびました。

そんなことを思いながら歩いていると
本当にそのようなローズクォーツが格安で売られていました!

ただうちでは出所の確かでない石は基本的に扱わないので
一度は店の外に出たのですが・・・
やっぱり気になって聞いてみると「マダガスカル産」ということなので
早速購入させて頂きました!
P4299887.jpg

ローズクォーツと言えば
数年前、東北で偶然露頭を発見して夢中で採ってきたことがありました。
P4299886.jpg
しかし色が薄く、クラックも多いので試しにバレルをかけてみましたが
使える部分はほとんどなさそうです!

P4299888.jpg
これはちっちゃい頃に親戚の家の庭に転がっていたのを
わがままを言ってもらってきたもののかけらです!
とてもきれいでおそらく外国産だと思うのですが・・・

実は福島のいわき市ではその昔
「ローズクォーツ」なんぞハイカラな名前ではなく「紅石英」と呼ばれて採掘されていて・・・
かなり色の濃い良いものが出て、山梨に運ばれて加工されていたそうです!

その親戚の家というのがいわき市でして・・・

国産の一級品の疑いを捨てきれないブツなんです!!!
今はその親戚もいなく確かめようがありません・・・

ローズクォーツ綺麗ですね!
私の感性で何ができるかやってみようと思います。
お楽しみに!!!


でも・・・今月は色々ありまして
長期の中国・四国の探石ツアー
短期の岩手への探石ツアー
糸魚川への翡翠原石の買い付け
などを予定しておりまして・・・

あまり新作は作らずインスピレーションと石を集める月になりそうです!
ショップにも少し出品しますが
配送が遅れる事もあると思いますのでよろしくお願いいたします。

私は自然と親しむ事から自然と生まれてくるデザインを大事にしたい・・・
だからフィールドに出るのである!

やっぱりそこがこだわりなんじゃないかな?

該当の記事は見つかりませんでした。