FC2ブログ

工房うるわ(URUWA)の石つれづれ

採集から加工販売まで行う管理人の石(鉱物)あれこれ
MENU

愛とお歳暮とメノウ

当工房では、お客様の率直な感想をお聞きしたいなと思いアンケートハガキを同封しているのですが・・・

「これからも美しい愛のある物を生み出して頂ければ幸いです。」

という言葉を書いて送って下さった方がいらっしゃいました。

とっても嬉しかったと同時に心が引き締まる思いです。
頂いたお言葉を大切にして創作に励んで行きたいと思います!


****************************


というのもこんなことがあったんです。

前々回のブログでちょっと触れた瑪瑙(メノウ)でつくりはじめた勾玉なんですが・・・

穿孔中にぴしっとひびが入ってしまいました!
IMG_3337.jpg

その時の心理状態をかえりみると「愛」が足りなかったな〜と思うのです。

ちょっと変わった形の勾玉の完成を早くみたくて急いでいたし
けちってすり減ったピットを使って高速で削っていたので相当熱がでてしまったと思います。

残念です!

この完成に至らなかった勾玉が教えてくれたことを忘れずに制作に取り組みたいです!

それにしても石でも恋愛でも
愛って失敗して失敗して学んでいくしかないんでしょうかね〜

考えてみると石って僕らより遥か昔からある大先輩で
そしてずっと未来まである凄い存在なんですよね。

そんな石に対する畏敬の念を持てない心理状態とは
やっぱり心が満たされていない迷いの多い状態なんでしょう。


さてそんなこんなで
今後は地元でとれるメノウの作品も色々と展開していきたいなと考えているところなのですが・・・

先日、いつも採集でお世話になっている方のところにお邪魔する機会がありました。
ちょうどそのときに、お歳暮的な荷物が届いたようで
ちら見すると宅急便の品目のところに「みかん・メノウ」と書いてありました。
もしかしてもらえるかも?とちょっと期待してしまう自分がいやらしいなと思ったのですが・・・
読み通り石の先輩は「あっ、メノウが届いている」と言ってその場で開封して
そのまま私に横流ししてくれました。

なんだか凄いタイミングですが・・・
私がお持ちしたお歳暮のビールはメノウに変わって返ってきましたw
IMG_3338.jpg

それにしてもお歳暮にメノウって・・・

みなさま良いお年を!
読んで下さった方々、本当にありがとうございました!


スポンサーサイト



またまた糸魚川にいってきました。

本当は先月で今シーズンの糸魚川行きは終了と思っていたのですが・・・
どうしても冬の日本海が見たくなって
一日だけ探石と石の仕入れに糸魚川に行ってきました。

関東からだと車は厳しい季節なので
富山まで夜行バスで行きあとは電車と徒歩を使いました。

やっぱり荒れた冬の日本海は良かったです!
IMG_3336.jpg
このあと吹雪になり冬らしくてもっといい感じだったのですが
なぜか半分以上あったはずの携帯が急に電池ぎれになり・・・
写真はとれないし時間も分からないしで大変でした。

海は荒れすぎていたし時折吹雪となり翡翠探しには悪条件。
それでも頑張って探しましたがあまり成果は出ませんでした!

せっかくなので温泉(ひすいの湯)に入ってきたのですが
姫川駅から大糸線で帰ろうと思ったら大雪で運休(涙)

石とハンマーとバールがつまった20キロ以上のリュックを背負ったまま
吹雪のなかを「きときと寿司」まで歩き
日本海のお魚を食べて北陸新幹線で帰りました。

初の北陸新幹線!
あっというまに東京!

帰ってから持ち帰った石をよく見たら・・・
川で軟玉系(角閃石)の可能性が大と思いつつも
なんか違うな!と思って大事に持ち帰ってきた石は
1キロ越えの全体が緑の翡翠でした!
PC228471.jpg
FoV=15cm
表面の風化が激しく
色はそれほどでもないですが
こんなに緑色が入った翡翠はなかなか巡り会えません。

中はどうなってるんやろ?
切ってみるかこのまま飾るべきか?

やっぱり自分で拾ったのは質はどうであれ嬉しいですね〜

糸魚川のいくつかお店を回って
なかなかレアな加工用の石を手に入れることができたし・・・

行って良かった!
行って良かった!

大珠について

私は大珠が好きでよく制作しています。
大珠は普段身につけるのにはちょっと大きすぎますし
そんな実用にならないものを何で作ってしまうのか(笑)とも思いますが
絵を見るように自然の芸術品として楽しんで頂けたら良いなと思っています!

さて、そんなことで古代の装身具については
良く文献や図鑑などを読んだり、実際に見に行ったりするのですが・・・

日本で一番数多くまとまって翡翠の大珠が見つかったという
茨城県常陸大宮市の坪井上遺跡が近くにあると知って
常陸大宮市歴史民俗資料館大宮館を訪ねたことがありました。

常設展示では8点見つかった硬玉製大珠のうち6個を見ることができます。
IMG_3071.jpg
ロウカン翠の入った素晴らしい翡翠もありますね。



帰りにその大珠が見つかったという遺跡付近を通りかかったのですが
なるほどと納得したことがありました。

そこは玉川という小さな川の流域で
玉川というのはその名のごとく玉=玉髄(めのう)の産地なのです。

おそらく古代において玉髄も重要な交易品であり
糸魚川翡翠の大珠がこの地域に集まったのも何らかの理由がありそうです。

車で30分位のところでしたので
私が大珠が好きで良く制作するのも何かしらの縁を感じたのでした!


玉川の玉髄は頂いた原石が沢山あったので
ふと思い立って加工をはじめてみました!
IMG_3333.jpg
うまくいけば・・・
↓ここで販売予定です!
工房うるわ

池袋にいってきました!

ネットショップは知名度0からのスタートだったので
半年くらいは全く売れないかもな〜と思っていたのですが・・・
早速商品を購入して頂いたお客様がいらっしゃいました。

本当に嬉しかったし「頑張ってくださいね」と励ましの言葉を頂き
これからもっともっと喜んで頂ける作品をつくっていきたいなと
決意を新たにしているところです!

とても素敵な感想を頂きましたので
後ほどHPで紹介できるページを作れたらいいなと思っています。

****************************

さて先日、池袋のミネラルショーに行ってきました。

国内最大規模のミネラルショーというだけあって
国内外の数えきれない程の石たちが集まっていて
もちろん糸魚川翡翠も結構あったのですが・・・

収穫といえば・・・

色とりどりの石たちのなかで糸魚川翡翠を見たときに
やっぱりいいな〜心が落ち着くな〜と思えたことですね。

派手すぎないけど味わいがあるとでもいいましょうか・・・

改めて工房うるわは「糸魚川翡翠」をメインでやっていきたいなー
そう思いました!

といいつつ連れて帰ったのはロシア美人(翡翠)www

だってだってだってコン沢の青翡翠材が出ていたから
買おうと思って財布に手をかけたときに値札を良く見たら
0が1個多かったんだも〜ん

やっぱり大和撫子は糸魚川に何度も何度も通って
良い子を探して連れて帰ってくるしかないね〜と思いました。

はやく私を作品にして〜と待っている子もいっぱいいるしね。

でも糸魚川翡翠以外で1個だけこれは凄いなと思った石がありました。

南アフリカの杉石なんですが
ビビッドな紫色に青が混じる稀少部位で
写真では見たことがあったのですが・・・
とてもこの世のものとは思えない色味でした!

しっとりと落ち着いた糸魚川翡翠とは正反対の方向にあるとも言える
次元を超えた美しさとでも言うのでしょうか・・・
一度は手をかけてみたい!と思わせる石でした。
でもお値段もちょっと次元を超えていたので今回は購入せず・・・

大和撫子たる糸魚川翡翠メインでやっていきたいけど
たまには浮気もしたいな〜ということで
↓工房うるわは色々な石を原石から加工してお届けしています。
工房うるわ

今日は久しぶりに勾玉をつくりはじめたり、グアテマラ翡翠を切り出してみたり・・・
IMG_3313.jpg
石と対話している時間は本当に楽しい!


該当の記事は見つかりませんでした。